生きづらい時に気付くべき”ジャッジ”

生きづらさ

 

落ち込みがちな状態の場合、怒りがちな状態の場合、イライラしやすいと感じる状態の場合、いったい何が起こっているのでしょうか?自身や他人の行動が許せん!イライラして仕方無い!もしくは「私って駄目な奴…」そう思う時、何が起こっているのか…

理由の一つとして「ジャッジをしている」というものかもしれません。

この記事を読むことで、ジャッジとは何か?ジャッジをするとなぜ生きづらさを感じるのか?が分かります。

ジャッジって何のこと?

ジャッジって、ジャッジメントの事です。

ジャッジメント…「審判」「判決」「判断」の事

ここで言うジャッジも、判断の事です。

例えば、ある物事が起きた時、その状態をどう思うかジャッジ(判断)するのは、ご自身ですよね。

我が子が宿題を始めようとしない事を、「怠け者だ!」と思うのも、私のジャッジ”判断”です。笑
朝寝坊して、準備がバタバタしてしまっているのに対し「ダメな母親だ…」と思うのも、私のジャッジ”判断”です。

このように、私たちは自分の価値観でジャッジを下していますそのジャッジはどこから来たのでしょう?

それは、生まれ育った環境、家族、親戚、学校、友人、テレビなど、例をあげたらきりのない話ですが、自分が今まで生きてきた人生で、「○○は××だ」と心に決めた事。では、例を挙げてみますね。

ジャッジってどんなこと?

ここでは簡単に例を挙げますね。私の例を聞いて、どうジャッジ”判断”するか
考えてみてくださいね。

  • 朝、早起きできずに寝ている自分って、親として人間としてダメ人間だ。
  • 朝、わが子におにぎりしか食べさせないのは、ダメな親だ。
  • 私は凄く神経質で恐れを感じやすいので、心の弱い人間でダメな奴だ。
  • 離婚してしまった自分は、人間的に、親として、ダメ人間。我が子を傷つける悪い奴。
  • 我が子が体調を崩した際、どっしり構えれないのは、ダメ親。
  • 仕事をころころ変えるのはダメな事だ。

ちょっと私の例ですみませんが(笑)、これを見て皆さんは何を感じましたか?
では次もう少し例を挙げますね。

  • 先生のいう事は必ず守る子はいい子だ。
  • 子供の宿題を代わりにやってあげることは良いことだ。
  • お金のない友達に、お金をあげることは良いことだ。
  • 熱があったけど仕事に行った自分は偉いな。

どうでしょうか?皆さんはどう感じましたか?そりゃそうだな!と思った方もいれば、それは変だなぁなんて感じた方もいますよね?

ジャッジって何が正解か

先ほど挙げた例でもあるように、私にとってはかも知れないけれど、他の人にとってはだったり、どっちでも良かったり様々だったのではないでしょうか?「ジャッジ」って、自分の育ってきた環境で、自身で選び取ってきた、はたまた知らず知らずに刷り込まれてきた、自分だけの判断なんですね。

だから、朝ゆっくり眠った事を1つ見ても、人によっては『だらしない』と感じるかもだし、はたまた人によっては『ゆっくり眠れて良い事だ』と思うかもしれません。熱があって仕事に行く事が、『社会人ともなると当然の事で、素晴らしいこと』と思う人がいれば、他の人に言わせると『具合悪いのに仕事されて、迷惑』という事もあるかもしれないですね。

そもそも世の中に正解はない

ちょっとスピリチュアル的になってしまうかもしれませんが、「絶対の正解ってあるのかな?」とは思いませんか?

”○○の方が好ましいよね”、”○○に越したことは無い”とか、そういったことはあるかもしれません。私たちは、共に生きるために、ルールがあります。なので、「してはいけない事」はあるでしょう。

だけど、ただの日常生活において、正解不正解って無いと思いませんか?ちょっと誤解を恐れずに言わせて頂くと、善と悪も、個人個人のジャッジだと思っています。あの人にとっての悪は、誰かにとっての善だったりする。

ちょっと抽象的にしか書けなくて申し訳ありませんが、そういう事だと思うのです。私にとっては善でも、相手にとっては悪だったりする事が、多々有りえると言う事です。

苦しい時、ジャッジしてないか考えてみる

何かに腹を立てた時、何かに落ち込んだ時、考えてみてください。
特に、自分を責めた瞬間、罪悪感を感じた瞬間私は何を責めているのか、私はどんな事を「悪」と感じたのか、そこを見てみてください。

ジャッジしているのは、自身です

もしかして、ご自身のジャッジが厳しすぎる事があるかもしれません。それは、ご自身が悪いとかそういう事ではなく、です。ジャッジを沢山持ってる事は、とても生きづらさを感じるものです。

物事をジャッジしているのは、あなた自身です。

もちろん他人は他人なりにジャッジしていますので、「合わない」とストレスを感じる事もあるでしょう。
ですが、前に書かせて頂いた通り、正解はありません。

他人は変えられません。ご自身を変える事ならばできるのです。合わない相手とは少し距離を置くなりして、自分がどんなジャッジをしているのか、気付いてみてください。これはブログですので、一人一人のジャッジがどんなものか、お答えする事も出来ませんが、ともすると、ご自身のジャッジが自身にとって厳しすぎたり、人にとって厳し過ぎてはいないか考えてみてくださいね!

自分の中のルールを見直してみると良いかもしれません。そのジャッジを、1つ1つ、気付いて外していく練習をしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました