一つの考えに固執しない

自己肯定感

 

正社員、パート、アルバイト、私もたくさんの経験をしました。仕事に対する姿勢は、どんなに繕ってみても外に出てしまうものです。自分の希望通りに働けなかったりすると、心が荒んでやる気が無くなる時期もありますね。

就職氷河期の頃、就職活動が上手くいかず落ち込んでいたJさんが、その時の状況を教えてくれました。ご本人に承諾を頂き、ご紹介してみたいと思います。

一つの考えに固執せず、柔軟に真摯に向き合っていく事の大切さを感じられるお話でした。

就職活動での落ち込み

『私が最も人生で落ち込んだのは、なんといっても就職氷河期で就職活動が上手くいかなかった時です。確かに勉強はしていなかったものの、体育会系で4年間様々な経験を積み、アルバイトも様々な経験してきただけに、そのガッツと頑張りで、希望する企業に就職できると思っていました。が、全く上手くいかず、内定を貰えても、全く意中の企業はなかったのです。

当時は”新卒”と言うブランドが非常に大事だったので、あえて就職浪人をしようかと考えたこともありました。

一旦は部活動も引退し、就職活動のタイミングも覚えていたので、実家でアルバイトをメインにしながら学校の授業に通い、あえて1つだけ単位を落とすことによって就職浪人をしよう!と、ほぼほぼ心を決めていたタイミングまでありました。』と話すJさん。

そんな落ち込みの中、あえて就職浪人をしようと悩む最中、どんな気持ちの変化があったのでしょうか?

 

客観的な視点で振り返る

今一度、自分自身が何が足りなかったのかをきちんと振り返る必要があると思いました。自分自身が「ここ」と思った企業で面談で落とされるのには、共通した理由があると考えていました。まずはそれを明確にし、「補うためにどうすれば良いか」、それだけを考えることにして、本格的にこれまでしてこなかったようなアルバイトで経験を積むことも大事かなと考えました。

年上で短大卒の私の彼女は、すでに社会人として立派に働いており、彼女の姿を見ながら自分自身の足りないところを補うことも重要かなと考えていました。

自分を客観的に捉え、分析し、何かチャレンジをしてみようと思ったと同時に、既に社会人として働く彼女から学ぶことも必要だと考えたといいます。

仕事への姿勢を学ぶ機会を得た

『自分自身が働いたことのある製造業の工場でした。そこで見た姿は、「正社員、派遣社員、アルバイトを問わず真摯に物づくりに取り組む姿勢」です。

また企業の経営理念が非常にしっかりしており、人材育成にも非常に力を入れていました。それを証拠に、いつまで働くか分からないようなアルバイトさえも、丁寧に仕事だけではなく”仕事に臨む心構え”さえも教えてくれる姿を見て、「私自身慢心があった」ことを非常に考えたのです。

「働くことがどれだけ大変か」、「お金を得ることがどれだけ大変か」と言うことに気付いていませんでした。アルバイトもしてきたつもりでしたが、親のお金で大学に通わせてもらい、一人暮らしの上、部活動の費用まで払ってもらった以上、「自分自身に厳しさが足りないと言うことが面接でバレていたのではないか」と考えました。』

では、どうすることで、自分を奮い立たせる事が出来たのでしょうか?

 

甘さに気付き、あえて逆をやってみる

『そこで、自分自身の甘さを補うためにあえて厳しい状況に追い込み、お金の尊さ、稼ぐことの難しさを体感しようと考えました。

今考えると、社会人になる前にこのような形でお金に対して向き合い、働くことに対して向き合うことができたのは、あれから20年以上経った今でも非常に役に立っていると思います。

自分自身には生まれ育った甘さがあり、それを解消するためにどうすべきか考えてこなかったのが、大学時代のマイナスだったのです。結果的にはアルバイトをしていた工場は自分自身が志望していた企業の工場でした。「たまたま新卒で補欠が出たために、面談に行かないか」と言う話が就職課から舞い込み、改めてその工場での経験、働くことの大切さを教えてもらったことを切実に訴えて、内定を勝ち取ることができました。』

Jさんの家庭は、お金に対しては困る事が無く、今回の事はJさんにとって「働くという事」「お金を貰うという事」について、真剣に向き合い考えるきっかけを作ってくれた出来事と言えるのではないでしょうか?

 

まとめ

一つの事に固執せず、「いろいろ経験し、やってみる」という事の大切さを教えて頂きました。

就職活動で落ち込んだ経験は、今Jさんにとって大切な学びとなっています。辛い出来事の一面だけを見ず色々やってみる、そして、甘さに気付いたのなら敢えて厳しさも経験してみることで、人生の経験がどんどん積み重なり、大きな形となって自信にもつながります。

沢山の事を教えてくださり、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました