行動してポジティブな波に乗る

自己肯定感

何となく自信が無くて、人と関わる事が怖い。鬱々とした毎日を送っていると、どんどんネガティブなスパイラルに気持ちが沈んでいく。そういった経験はないでしょうか?

今日は、一つの行動をきっかけに、ポジティブな波に乗りどんどん行動する事が出来るようになったJさんに、お話を聞きました。ご了承いただき早速書いていきます!

皆さんも小さな行動から、プラスのスパイラルにはまり込んでいけるかもしれませんよ!

 

外に出るのが怖くなり引きこもりがちに

Jさん:『人と関わると、ろくな事がない。家族以外は皆、私を変な人だと思っているという心境でした。そのため、外を歩く時は常に下を向いて歩いていたので、余計に変な人だと思われていました。

結婚して旅行でしか行ったことのない地域に夫と移り住み、新しい生活に胸を膨らませていたのですが、いざ引っ越すと言葉と感覚の違いでニート主婦となってしまったんです。方言が明らかに違うので、話すと「どこの人?」と聞かれるか、素っ気なくされるか、あからさまにムッとされるかのどれかでした。

元々のんびりな私は行動でも浮いていたようで、何もしていないのにジロジロ見られることが多く、一人での外出が億劫になり平日は出来る限り在宅し、買い物等は夫の休日に一緒に出るようにしていました。』

環境が変わったことで、何となく浮いた存在のように感じたのでしょうか?とにかく何となく人の視線が気になり、家に閉じこもる事が多くなったそうです。

 

姿勢を変える事で、自信が出た

Jさん:『ニート主婦をなんとか脱出したいと思い、インターネットで色々調べました。多くの情報を見ましたが、どうやら散歩が良いとの事を知り、夫にどうやったらジロジロ見られないかを相談しました。するとまず服装を変えてみたらどうかと言われました。

当時の私は若い会社員時代を引きずったスタイルで、確かに年齢に合ってなかったのです。年相応の地味なスタイルに変更したのですが、まだまだジロジロ見られます。それを夫に言うと、もっと素早い行動をすると良いと言われました。

素早い行動をしても相変わらずジロジロ見られ、どうしてだろうと、ある時、自動ドアに映った自分を見て唖然としました。常に下を向いて、人から逃げるように歩いていたので、周りから見たら犯罪者みたいだと気付いたのです。結婚後3年程そういった生活だったため、丸い背中とカクっと前折れ気味の首が固定されていました。

こればかりは気を付けて姿勢を正すしかなく、気付いた時は顔を上げるよう努力しました。インターネットで情報を探してから、服装、行動、姿勢と悪い点に気付いて、比較的抵抗なく外出できるレベルになるまでは1年ほどかかりました。前ほどジロジロ見られなくなった事によって、自分が普通の人になれた気がして、自己肯定感を得られました。

姿勢がうつむきがちになり、まるで罪を犯した人のように怪しい感じを醸し出していたのでしょうか?うつむき背中を丸めたような状態だとしたら、犯罪者とまで行かなくても「どうしたのかしら」と目が行ってしまうかもしれませんね。

そして何より、もしかすると、Jさんの心の中が変わったのかもしれません。つまり、自分に自信が付いたことにより、「自分はジロジロ見られていない」という心の変化があったのかもしれません。

 

行動する事でポジティブなスパイラルに

Jさん:『自己肯定感を得てからはトントン拍子です。外出できるように変化したため、以前から趣味だった旅行に行きたいと考えるようになりました。旅行のためにはお金が必要なので、自分で稼ぎたいと思ったのです。全て夫頼りよりも、自分で少しでも稼いだ方が気楽で気持ちが良いと今でも思います。

お金を稼ぐために、単発のアルバイトを探しました。3年のニート生活で体力も落ち、連続勤務が不可能だと分かっていたし、優れた能力のある人間ではないので、誰でも出来る単純作業のアルバイトを選びました。派遣先や派遣仲間と会話する機会も生まれ、派遣先から指名や長期勤務の打診を頂き、私でも働ける場所があるんだという自信になりました。

同時に妊娠したので勤務することは無かったのですが、過去に正社員で12年弱勤務した時とは全く違う働き方が出来たことも財産になりました。』

姿勢を変えて、自信が出て「やりたい事」が出てきて、そのためのアルバイト、そして長期勤務を言われるほどにまで生き生きとした人生を取り戻したんですね!

 

方向性とタイミングで変化して行く

自己肯定感を得られたJさんに、プラスの波に乗れるようにアドバイスを頂きました。

まずはチェンジです。何かを変えないと前には進めません。

それも、目の前にある物事が変わらないとその先に進めませんので、もし「こうなりたい」というビジョンが描けたら、そのビジョンに向けてどんな工程が必要か、優先順位を見極めていきましょう。優先順位の中の最優先項目から順に進むために、自分でできる事を考えるのが大切です。

焦る必要はありません。自分が本当に目の前の壁を乗り越えて進みたいと思うタイミングでないと、ストレスが倍増します。そして大切なのは相手や周りでなく、自分が変わる事です。人間、なかなか本質を変えられるものではありません。自分も相手も、変わるのは難しいです。

例えば相性の悪い人がいたら、まずは自分から歩み寄るのが1番ですが、最終手段は当たり障りのない様スルーです。困った物事に出会った時は、最悪中で最良の手段を選べたら御の字なので、完璧以外の答えを探してみましょう。そして、その答えを探し出した自分に拍手してください。

 

まとめ

自分の「こうなりたい!」というビジョン、そして無理の無いタイミング。何より大切なのは自分が変わる事。他人は変えられません。変えられるのは自分だけ。

そして、誰とでも仲良くとか、どんなことも逃げてはいけない!とかではなく、スッとスルーしたりすることも大切です。最悪中での最良の手段、これも大切なことだと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました