自己主張が強すぎで大好きだった彼氏に「おまえ、ウザイよ」って言われた私の心がガラスのように崩れ去った件…

恋愛

普段は人に嫌われることが怖くて全くと言って良いほど自己主張できなかった私…

その反動か大好きな彼氏の前では自己主張が強い女に変身していました。

いつもは黙って聴いてくれていた彼氏でしたが、突然ブチ切れたんです。

「おまえ、うざいよ」

私の心はガラスのようにバキバキと崩れ去りました…

春の陽サイト管理人

そんな失恋パターンの多かった私が心理学を学び、自己主張が強い人の原因と対処法をまとめてみました!

スポンサーリンク


自己主張しすぎて嫌われる?自己主張が強い「原因」とは

自己主張が強い時の私は、以下のような状態でした。

自己主張が強い私

  • 近しい人には自分の意見を押し通そうとわがままを言う
  • 近しい人には自分の感情を理解してもらおうと、うざいほど話す
  • 得意な仕事などでは意見を曲げたくなくて、協調性に欠ける

恋人や安心できる相手には、相手の都合や気持ちも考えず自分の意見や気持ち・考えなどを主張しすぎてしまい「わがまま」と言われることもありました。

恋人には「めんどくさい」「うざい」「疲れる」と言われる始末。

適切に自己主張できないことで、相手も自分もかなりストレスを抱えていました。

そんな私が考えた自己主張が強すぎる原因は以下です。

原因

  1. 承認欲求が強すぎる
  2. 負けたくない気持ちが強すぎる
  3. 自信があり過ぎる

自己主張をすることは大切なことですし長所でもありますが、それが行き過ぎると短所ともとられてしまいますし、ただのわがままと取られることもありますので注意が必要です!

春の陽サイト管理人

それぞれ詳しく見てみましょう!

スポンサーリンク



自己主張が強い原因➀承認欲求が強すぎる

承認欲求が強い人とは、「私を認めてもらいたい!」という気持ちが強い人です。

  • 自分の気持ちや意見を分かってもらいたい
  • 自分の能力を認めてもらいたい

上記のような気持ちが強いと、自分が認められたい一心で、他者の気持ちを思い図る事ができなくなってしまいます。

人間関係に問題が出てきたり、恋愛関係や家族内など近しい間柄でも、お互いが理解し合えずボロボロ…なんてこともあります。

私の承認欲求炸裂で撃沈した例

どんなに忙しくても同棲する彼氏のために夕ご飯を頑張って作っていた若き日
あまりの疲れでイライラしていた私

私も仕事で疲れてるのに、毎日頑張ってご飯作ってるんだけど!(ドヤ顔)昨日だって飲みに行ったあなたを迎えに行くために遅くまで起きてて…(続く)

 

は?頼んでないけど?そういうのめんどくさい、まじで。

…………

 

恋愛だと「めんどくさい女」、職場では、「やりづらい部下・やりづらい同僚・やりづらい上司」となってしまいます。

承認欲求が強いということは、裏を返せば自信がないということに繋がっていることが多いです。

春の陽サイト管理人

自分自身を認められないから、他者に認めてもらいたい
そんな隠れた背景があるのかもしれません。

承認欲求は誰でも大なり小なり持っているものです。
ですので、そこを否定する必要はありません。

欲求を適切にするために、自分自身を受け入れていく必要があります。

「私も承認欲求が強くて自己主張が強いかも…」と思う人は、人間関係を良いものにするためには、まずは自分自身を認めて自己受容を深めていきましょう

  • 認めてもらいたい気持ちが強いと、自己主張が強くなる
  • 緩めるにはまず自分が自分を認めていくことが大切

スポンサーリンク


自己主張が強い原因➁負けたくない気持ちが強すぎる

私自身、とても勝ち負けにこだわっていることに、心理学を学び始めてから気づきました。

小さなころから兄弟に意地悪されたりして弱虫だったし、まさか自分が負けたくない気持ちが強いなんて思いもしませんでした!

  • 相手の良さを認めたら負けてしまう
  • 相手の意見を認めたら負けてしまう
  • 自分が謝ったら負けてしまう
  • 私の足りない部分を認めたら負けてしまう
  • 素直な感情表現をしたら負けてしまう

 

春の陽サイト管理人

上記のように考えていることにしばしば気付くようになりました。

私は負けたくなかったが故に自己主張が強すぎたのです。

負けたくなさ過ぎて、恋人との話し合いも喧嘩になり、エスカレートすることも多々ありました。

相手を言い負かさないと気が済まない私

約束を破られたことが負けたような気がして仕方なく、相手に真剣に謝ってもらうまで勝った気にならず、しつこくて嫌われた私

あなたが悪いんでしょ!?

私はちゃんと言ったのに約束を守ってないじゃない!

ちゃんと事情話しただろ!?

仕方ないじゃん!

仕方ないって何よ!

全然反省してないじゃん!

ちゃんと謝ってよ!

謝ったじゃん。

何言っても無駄じゃん。

めんどくさ…

 

めんどくさいって何よ!

大体いつもあなたは△△△△△…

うざ…

冷静に考えてみると、人の意見や感情に勝ち負けなんてありませんよね?

意見は意見であり、感情は感情です。
上も下もありませんでした。

人に負けたくない気持ちが強くて過剰に自己主張してしまう場合は、この部分をしっかりと理解していくことが大切です。

  • 自己主張が強い時、「負けたくない」という気持ちがないか自問する
  • コミュニケーションは勝ち負けではないことを理解する
  • 不要なプライドは捨てていく

スポンサーリンク



自己主張が強い原因➂自信があり過ぎる

勝ち負けにも通じてくることかもしれませんが、自分の言動や考えに自信があり過ぎるのも、自己主張が強くなりすぎる原因です。

春の陽サイト管理人

絶対に自分が正しい!自分は間違っていない!という気持ちが強く、相手にモノを言わせない勢いで捲し立てるのは、やはりコミュニケーションが上手くいきません。 

自信があり過ぎると、相手の心情や状況をフラットに考えることができなくなる時があります。

自分の得意な分野や専門的に学んだことなどに自信をもつことはとても大切ですが、大人であれば相手の状況などもしっかりとくみ取ってコミュニケーションを取ることも必要です。

自信があり過ぎて相手の気持ちを考えられなかった例

少し心理関係の本を読み彼氏より自信を持ってしまい、トンチンカンな正しさをひけらかし、結局相手に自分の考えを押し付けてしまった私

同僚のAさんてさ、出世欲がないんだよねー。

そんなの男としておかしくない?

Aさんのことそんなふうに言ったら失礼だよ?

Aさんの人生なんだから、あなたがとやかく言うことじゃないよね?

でも結婚して子供もいてさー。

やる気ないって言うか平和ボケって言うか…

出世したい人だけ出世に向けて頑張れば良いのでは?

あなたの考えが正しいとは限らないよ…

………

もういいわ。

春の陽サイト管理人

たとえ本当に自分が正しい事を言っていたとしても、相手は相手で「自分が正しい」と思っている可能性もありますので、伝え方は大切です。

そして、自分が偉い!という立場におかしな自信を持っている方もいるのではないでしょうか。

  • お金を払っているお客がお店より偉い
  • 勉強を教えている先生の方が生徒より偉い
  • 働いて養っている親の方が子供より偉い
  • 年少者より年長者の方が偉い
  • 稼いでいる方が偉い
  • 仕事が出来る方が偉い

上記の例は、私の中ではあまり感心できない考え方です。

この考え方では、どちらかが気持ちを抑圧されたり我慢を強いられる関係になってしまいます。

もちろん状況にもよりますが、本来同じ人間としてお互いに尊重し合える関係が望ましいと私は思っています。

  • 自分の能力や自分自身に自信を持つことは大切だが、相手を尊重することも必要
  • 人に上も下もなく、お互いが尊重できる関係が望ましい

スポンサーリンク


自己主張が強すぎる…と気付いた私の改善方法

自己主張できることは素晴らしいことだと思うのですが、強すぎる性格ではいろいろと問題が起きてきます。

私はいつも「うざい」と言われるパターンで失恋して傷付いていたため、「私って自分の意見を押し付けすぎているのかも…」と考えるきっかけになりました。

”自己中”と言われるほど自己主張が強い私が変われた改善策が以下です。

改善策

  • 自分も相手も尊重する
  • 他人は変えられないと理解する
  • 自分の中に原因があることを理解する
春の陽サイト管理人

気付いた時が変われるチャンスです!

詳しく見ていきましょう。

 

♦自己主張ができない場合の克服法も記事があります。参考になると思いますので是非読んでみてください。

スポンサーリンク



自分も相手も尊重する

自己中心的になってしまっている時、相手の気持ちや意見、相手の存在自体を忘れてしまっていることは無いでしょうか?

相手はサンドバッグではありません。

春の陽サイト管理人

私は相手に対して「受け止めるのが当たり前」と言わんばかりに、

相手を尊重できずにいました。

  • 彼氏なんだから、私を理解するのは当たり前
  • 家族なんだから私を理解して当たり前
  • 後輩なんだから私の意見を聞くべき

こんなふうに、相手に押し付けて主張ばかりしていました。

これでは相手の意見や感情はどこに行ってしまうのでしょうか?

相手も人間であり、自分と同じく尊重されるべき存在なんです。

言いたいことをぶちまけてしまう前に一呼吸置き、まずは相手の意見や気持ちを最後まで聞くようにしてみました。

最初はすぐに反発してしまいたくなりますが、「相手も大切な存在なのだ」ということを思い出し、相手の立場になって一旦理解してみるんです。

相手と自分の意見を同じにしなくても良いんです。

「あなたはそう考えるんですね。私はこう考えています。」
このように、相手と自分を分けて考えてどちらも尊重するんです。

そこに絶対の正解や不正解などはありません。

お互いの意見を尊重したうえで、お互いに良い方向を模索していくと良いのではないでしょうか?

「私の世界」と「相手の世界」を尊重して、お互いが尊重し合える関係になったら、コミュニケションがとても良いものになります。

  • 自分と同じように相手も同じように価値のある人間だと理解する
  • 相手の話を一旦受け止めて理解しようとしてみる
  • 相手はサンドバッグではない

スポンサーリンク


他人は変えられないと理解する

自己主張が強い時って、相手を変えようとしている時ではないですか?

事例

  • 夜遅くなると心配だから飲み会は○○時までには帰って来てよ!
  • 娘が学校に遅くなると電話したりしなきゃいけないから、早く準備してよ!
  • 私はAのやり方の方がいいと思うから、Aじゃないなら参加しない!
  • 30歳までには結婚したいのに、いつまで待たせるつもりなの!?
  • 私は10時までに寝たいから、宿題は9時までに終わらせてよ!

 

春の陽サイト管理人

上記のように、自分が嫌な思いをしないように相手をコントロールしようとしていることに気付きました!

 

自分の意見を気持ちを押し通そうと相手を変えようとすると、相手との関係は絶対に上手くいきません。
自分が良くても相手は必ずストレスを感じるものです。
自分の気持ちや意見を伝える時は、相手を言いなりにしようとする伝え方ではなく、ただ自分の意見や気持ちを伝えようという謙虚な気持ちで伝えると良いです。
そして、「他人は変えられない、変えられるのは自分だけ」ということをしっかりと理解するようにしてみましょう!
  • 他人は変えられない、変えられるのは自分だけと理解する
  • 相手の人生は相手のもの、コントロールしようとしない

スポンサーリンク



自己主張が強すぎるのは、自分の中に問題があると考えてみる

なかなか受け入れられないかも知れませんが、自己主張が強いのは自分の心に問題があることがあります。

例えば以下になります。

  • 私には価値がないという思い込みがある
  • 私には能力が無いという思い込みがある
  • 私は大切にされていないという思い込みがある
  • 私はバカにされているという思い込みがある

このような思いこみがあると、それを何とかして否定したい気持ちから、必要以上に相手に主張して認めてもらおうとする傾向があります。

つまり以下のようなことです。

  • 価値がないから、価値を感じたいために相手に認めてもらいたい
  • 能力がないから自信もなく、でも自手に認めさせて自信を持ちたい
  • 大切にされていないから、大切にされることで自分を大切だと思いたい
  • バカにされているから、相手を非難して認めさせよう

自分の中にぽっかり空いた穴を埋めようとするんです。

ここに気付くのは、なかなか大変かもしれません。

春の陽サイト管理人

なかなか一人では見つけられない思い込みかも知れませんので、

カウンセラーなど専門の人に相談するのも良いですね!

  • もしかしたら自分の中に生きづらい思い込みがあるかもしれないと考えてみる
  • 思い込みがありそうだけどはっきりしない時は、カウンセラーなどに頼る

 

♦生きづらさを抱える考え方について以下の記事が参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

私の恋愛のしくじりから得た「自己主張が強すぎる原因と克服法」などをご紹介いたしました。

あまりにストレスを溜めすぎて病気になってしまう前に、自己主張が強すぎる性格を深く内観して、穏やかに生きやすい人生を目指すのも良いですね!

もし、一人で解決できない時は的確なアドバイスをしてくれる人に相談するのが一番です。
この記事で紹介したような現実に悩まされていて、解決方法が見つからない状況であるなら、きっとお力になれると思いますので、お気軽にご相談ください。

3日間お悩みを聞かせて頂き、根本原因を見付けます 恋愛や人間関係、心のお悩みが解決に向かうようにお話を聞きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました