アダルトチルドレンチェック

生きづらさ

 

生きづらさの根本原因であるアダルトチルドレン。自分はアダルトチルドレン?
気になりますよね?

今日はアダルトチルドレンチェックを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンとは
機能不全家族で育ち、安心できない環境下の中で自分が生きるため・愛されるため、精一杯自分を守ってきました。その中で生きづらい生き方を学びそのまま成長した、成長した今でも生きづらさを抱えている人のことです。
安心感を感じられない様々な環境下の中で生き延びるために、人を優先したり人に尽くしたり、自分の素直な感情に蓋をして生きてきたために、生きづらさを感じるような生き方を学んでしまったのです。
そのため、アダルトチルドレンには共通した特徴がみられます。
その特徴をチェックすることで、自分がアダルトチルドレンであるかを知ります。

アダルトチルドレンだからと言って落ち込むことはありません!

多くの人が大なり小なりアダルトチルドレンだと言われています。

回復する事ができますよ!

スポンサーリンク



アダルトチルドレンチェック

アダルトチルドレンチェックをご紹介します。
自分がどのパターンに当てはまるかチェックしてみてください。

もちろん一つのタイプではなく、二つ以上のパターンを併せ持っていることもあります。

チェックがおければ多いほど、生きづらさを抱えている場合があります。

自分を理解して、アダルトチルドレンからの回復をしていきましょう!

 

それでは5つのパターンを見てみましょう!

スポンサーリンク


➀ヒーローの子

  1. 常に褒められるような成績をとれるように努力してきた
  2. 『しっかりしているね』と言われるように努力してきた
  3. 周囲をまとめるために頑張ってきた
  4. 責任感がとても強いと感じる
  5. 周りに評価されないと、自分には価値がないと感じる
  6. 無邪気に遊んだり、気分転換に息抜きをしたりすることが苦手
  7. 失敗してしまうと、自分をすごく責めて落ち込む
  8. もっと努力するよう、いつも自分を追いつめる

➁身代わりの子

  1. 親や先生に、反発してきた
  2. わざと悪いことをして、自分の存在を目立たせるようにしていた
  3. 自分が悪いことをすることで、不仲の家族が団結して解決しようとしていた。
  4. 自分の事なんて、どうでも良いと感じることが多い
  5. カッとなり怒りのまま相手を攻撃することが多い
  6. ちょっとしたことで人間関係が壊れがちだ
  7. 自分の辛さや思いを、誰も分かってくれないと感じる

➂存在しない子

  1. 大勢で過ごすより、一人で過ごす方が好き
  2. 良い子と褒められるように行動してきた
  3. 独りぼっちだと感じることが多い
  4. なるべく目立たない様に行動してきた
  5. 自己主張したり意見をしたりするのは苦手
  6. 自分は忘れられている存在だと感じてきた
  7. 人生に生きる意味を感じられないことが多い
  8. よく、「自分なんて必要ない存在ではないか」と思う

➃道化師の子

  1. 明るく元気な子として振舞っているが、本当の自分を誰も分かってくれないと感じる
  2. 場がしらけたり、空気が気まずくなると、不安を感じる
  3. 小さなころから周囲を和ませようと努力してきた
  4. 相手の目をまっすぐ見ないようにしていた
  5. 誰かと対決することが恐ろしく感じる
  6. 自分の弱さが相手にバレないように努めてきた
  7. 落ち着きのない子供と言われていた

 

➄世話役の子

  1. いつも優しく思いやりのある子供であると言われるように、頑張ってきた
  2. 希望があっても自分勝手にならない様に我慢してきた
  3. 人の役に立ちたいと頑張ってきた
  4. 自分が何を感じ、何をしたいのか分からないことが多い
  5. 自分を優先するのはわがままでいけない事だと感じる
  6. 自分より他人の都合を優先することが多い
  7. 相手の感じることや望んでいることを、感じ取ることが出来る
  8. 困っている人を放っておけない

スポンサーリンク



自分を守るため自分よりも他人を優先せざるを得なかった人たち

チェックはいかがだったでしょうか?

あなたはどのタイプが一番多かったでしょう。

一つではなく、複数にチェックが付いた方もいるのではないでしょうか。

どれを取ってみても、小さい頃から頑張ってきたんです。

大好きな家族の為に。
お母さんの為に。

嫌われないように
役に立つように
困らせない様に
笑ってくれるように

大好きな家族の笑顔が見たくて、生まれて数年で、すでに頑張ってきました。

それはとても健気で、悲しいほどい一生懸命でした。

そして大きくなった今でも、相手を変えて頑張ってしまうのです。
癖でもあり、成仏していない想いなのです。

よく頑張りました。

でも、もう誰かのために頑張るのは、止めていいのです。

もう自分の為に頑張っていいのです。

自分が幸せになる事だけを考えていいのです。
スポンサーリンク


癖を変えるだけで良い

小さかった私たちは、家族の笑顔が見たくて頑張ってきました。

でも、大きくなって気付くのですが、『家族の幸せ』をその小さな肩に背負うのは、ちょっとあり得ない事ではないですか?

それなのに、よく頑張ってきました。

でも、大きくなった私たちは、もう自分の為に生きていいのです。
いや、小さな頃から本当ならば、自分らしく生き、愛される存在だったのです。

ただ残念ながら、それが許されない環境だった。
もしくは、安心して生きることが出来なかった。

しかし今更、『自分らしくていいんだよ』とか『あなたは価値がある存在だよ』とか言われても、良く分からないという方もいらっしゃると思います。

私もさっぱり思えませんでした。

自分らしく…が分からない
価値って何?
自分を肯定する
ってどういう事?

そこから分からないですよね。

人の為を思って我慢をすることを止める練習から。
そこから始めましょう。

小さなところから、分のため」に何かを選ぶことから始めてみましょう。

必要なのは、自分を大切にすることです。

最初は『大切にする』が分からないかも知れませんが、だんだん分かってきます。

自分の『好き』と『嫌い』を、敏感に感じ取ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました